不正なUSB機器(USBメモリ・ポータブルHDD)の使用をシャットアウトできる。
 使用を許可するUSB機器の設定が簡易的で柔軟な運用ができる。
 緊急時の保護動作で利用者への抑止力を高められる。
 不正使用履歴を記録しサーバPC上で集中管理できる。
 使用許可済みUSB機器の利用状況をリアルタイムで監視できる。
 監査ログを利用して、USB機器の資産管理が行える。
 サーバ機器が不要であること。クライアントPCのみで動作する。
 低コストで導入できる。

ポートセュリティ・iSecure-ProX 導入事例
~ ご担当者様より頂戴したコメント ~

【導入の背景】
設計本部ではISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)を運用しているが、USBメモリの
セキュリティ強化の為、パソコン側で無許可のUSBメモリを接続させない仕組みを探していた。
基幹ネットワークだけでは無く、プロジェクト室やモバイルPCの利用も行なうので、費用対効果が高く、
小回りの利く製品としてUSBポートセキュリティを選択した。

【製品の評価】
製品の機能は、設計本部で考えていた接続制限を実施するのに十分であり、数十台規模であれば、
セキュアな環境を比較的簡単に構築できる。また、サーバに集積されるログを棚卸し情報として使える
という他の類似製品に無い利点がある。但し、数百台以上の規模の場合は、製品の性格上ホワイトリス
トの作成と配布等の運用に工夫が必要になる。

【Mコマースの対応】
USBポートセキュリティは、良くも悪くも自社開発製品であり、大量に販売されている著名なソフトに比べて
完成度が高い訳ではない。また、USB接続機器は日々新製品が発表されるので、当然全ての製品への
対応が確認されている訳ではない。しかし、本製品はユーザから見て開発部門との距離が比較的近く感じ
られ、ユーザ側で発生した不具合情報や新製品対応情報を速やかにフィードバック可能な体制になってい
ると思う。

~ エムコマースより ~

大成建設株式会社 設計本部様への導入では、実運用上の様々な課題をご教示頂きました。
本質的なご意見を頂ける貴重なお客様にご採用頂いた事は、弊社にとって素晴らしい財産となりました。
頂戴したご意見から早速、更なる製品の向上に努めております。
 情報セキュリティマネジメント「ISMS(ISO27001)」
 CSR(企業の社会的責任)やコンプライアンスによる情報セキュリティの強化
  (社内1,500端末のUSBポートのセキュリティ強化 )
 使用許可済みUSB機器の利用状況の把握と資産管理
 大成建設株式会社 設計本部 様
 〒163-0606 新宿区西新宿1-25-1
 TEL 03-3348-1111(大代表)
会社情報
サポート
エムコマース HOME > 導入事例> 大成建設株式会社様
カテゴリ別 分野別 目的別
FAQ
ショップ
パートナー
導入事例
基本技術
製品情報
エムコマースホーム
エムコマース
Copyright (C)2009-2014 M-Commerce K.K. All Rights Reserved.
サイトマップ 問い合わせ